顧客管理システムで簡単にする|業務の効率化が図れる

商談情報の共有と可視化

女性

商談進捗状況を徹底管理

企業などの法人を対象とするビジネスでは営業活動の占める比重が大きく、大口の商談をまとめることで売上と収益の確保につながるものです。一般消費者を対象とする企業でも住宅や自動車など高額商品を扱うケースでは、商談の成否が業績を大きく左右します。このような商談は独自の営業ノウハウを持つ社員が担当していますが、商談に関する情報が担当社員に独占される状況は決して好ましくありません。中には自身の成績を上げる目的で、採算を度外視したプランを考案しながら商談を進める社員も出てこないとは限らないのです。そのため商談情報を営業担当社員の独占から解放し、全社的に共有していくための仕組みが求められてきました。そうした業界の要請にITテクノロジーが応える形で開発されたのが、SFAなど商談管理機能を持つ営業支援ツールです。営業支援ツールには営業日報作成機能やスケジュール機能も実装されており、基本的には営業担当社員の日常業務をサポートするのが利用目的です。このSFAに商談管理機能が組み込まれることで、営業部以外の部署でも商談情報を容易に把握できるようになります。担当社員だけでなく上司も商談進捗状況をリアルタイムで参照していれば、その都度的確な指示を与えて成約率を高めることにもつながるのです。商談管理ツールには顧客管理機能も備わっているため、優良顧客や見込み顧客といった顧客の種類に応じて商談に投入する社員を決定するような活用法も考えられます。商談進捗状況が可視化されて一目瞭然となっていれば、経営者自らが商談に対して能動的アプローチを仕掛けることも可能です。商談管理ツールは単なる業務効率化の道具ではなく、経営戦略にも有効なツールとしての高い潜在力が秘められています。売上予測機能も兼ね備えた商談管理ツールを徹底活用することで、営業担当社員個々の能力に依存しがちだった商談がまとまる確率も高まるのです。